ネイルサロンへの就職の現実

ネイルスクール>ネイルサロンへの就職の現実

ネイルサロンへの就職の現実

一般的に、ほとんどのネイルスクール受講希望者はネイリストになることを目指して、その第一歩としてネイルスクールに通い始めます。そこには「ネイルスクールで学べばすぐにネイリストになれる」との思いが込められています。

しかし現実には、一般のネイルスクールを卒業したとしても、優良企業に正社員として就職できる人は稀であり、アルバイトであっても勤務できる人はとても少ないというのが実情です。また、たまたま勤務できたとしても、すぐにネイリストとして勤務できることはなく、ほとんどの場合はアシスタントとして修行期間を過ごすことになります。

この現実は、ネイルスクール受講者の最初の思いとはかけ離れたものであり、大きなギャップを生むことになります。このギャップは、ネイルスクール修了者が、サロンに関係することなくネイリストになることを諦めることや、ネイルサロンに関係したとしても早期に退職してしまうという結果として表れていきます。

一般のネイルスクール修了者がネイリストとして活躍する確率が極めて低いということは良く知られています。これらのギャップがその要因になっていることは想像に難くありません。また、ネイリストを目指しネイルスクールを受講している人にも問題がないわけではありません。

ネイリストになることを容易に考え、努力を怠る人やもともと職業意識の低い人がいることも要因として挙げることができるでしょう。

ネイルスクールCNBA電話
ネイルスクール講座説明会お問い合わせ

ネイルスクールCNBA特待制度について